「 不安 」 一覧

作業興奮とは違う「やる気」が存在していないか

「やる気は後から出るもの」という話も結構見かけるようになってきた。作業興奮と言って、手を付けてしばらくしてからやる気が出てくる、という話。 たしかにその通りなのだが、手をつけるやる気がねーんだよ、とい …

作業興奮とは違う「やる気」が存在していないか

「やる気は後から出るもの」という話も結構見かけるようになってきた。作業興奮と言って、手を付けてしばらくしてからやる気が出てくる、という話。 たしかにその通りなのだが、手をつけるやる気がねーんだよ、とい …

精神と痛みについて

認知、心理的なものから発生する痛みについて。 >痛みについて http://karapaia.com/archives/52185614.htmlから。 痛みの認識の調整の仕組みは、まだ完全には解明さ …

セルフ・エフィカシー(自己効力感)とは

・自分がある状況において(以下『課題』と呼称)、必要な行動を上手く出来るかどうかの認知。認知なので、実際の所どうなのかとはまた別の話。 ・簡単に言えば、課題を前にして出来ると思うか、出来ないと思うか、 …

夜なのに「寝たくない」「眠りたくない」と思う心理

まぁ、夜寝たくなくて朝起きたくないのは人の常だとも思うが。実際に翌日問題を生むレベルで寝たくないのなら、関心をもつべきだろう。 寝るべき時に寝たくない、ベッドに入りたくない、あるいは入っても眠れない。 …

性格の5大要素 ビッグファイブ 

5因子モデルとも呼ばれる。 ビッグファイブは性格分類の種類の内、特性論に当たる。真面目、協調性の有無などの特性がどのくらいあり、どのような組み合わせかで判断する理論。この特性論の中で最も広く受け入れら …

心配・不安からの予防的態度と完璧主義

予防的態度 理想自己・義務自己に纏わる学術論文に「親の予防的態度」というフレーズを見かけることがあった。義務自己の理由の一つ。さらっと出てきただけだが。 義務的な自己像の形成には,子どもの失敗に対して …

交流分析のラケット感情(偽物の感情)について

エリック・バーンの交流分析の概念。「ニセモノの感情」とされる。   本物の感情 交流分析において本物の感情は4つとされる。喜び、悲しみ、怒り、怯え。それぞれが「問題」に対しての対処のための意 …

プロクルステスの寝台と社会規定型完璧主義

プロクルステスの寝台 プロクルステスはギリシア神話の強盗。名前の意味は「伸ばす人」。名前でネタバレやめろよ。 強盗と言うよりはサイコキラー。 旅人に「休ませてやろう」と声をかけ、寝台つまりベッドに寝か …

2つの「自信」 自己愛 自尊心

自信を自己肯定感として捉えると、自己愛と自尊心の2つがある。根本的に違うのは「何を基準とするか」。自己愛は自分以外のなにかを基準とする。自尊心は自分自身を基準とする。   自己愛 「他者との …

HN:nemo

twitter

 

gnōthi seauton

mēden agan

engua para d’ atē