fragments

fragments

fragments 自己覚醒法

・所謂「自力で起きる方法」。あまり特別なことはしない。最大のメリットとして、目覚めが良くなることが挙げられる。これと同じ原因で日中のパフォーマンスも上がる。 ・「目覚め」は大別して2種類に分けられる。お馴染みのアラームで起きるものは...
fragments

fragments 朝起きれない人

・人によってそれぞれあるみたいだ。朝スッキリとした目覚めではないという程度から、「無理」ってレベルまで。これを気にして、寝る時間から憂鬱になるなんて話もある。 起床時間に目覚めた後での眠気の残量。多ければ悪い。なければないほど良い。...
fragments

fragments 寝起きの悪さについて

・十分に寝てもまだ眠かったり、そのまま二度寝しても今度は一時間もしないで自然と目が覚めたりで、「起床時に感じる眠気」というものは何か不自然さを感じる。必要な睡眠以上の眠気というか。 ・引っ張るのがめんどくさいのでぶっちゃけるが、自力...
fragments

fragments 自惚れと萎縮とあとなんか

・井の中の蛙大海を知らず、とは言うものの。昨今では自惚れることすらできねぇという話も多い。大体ネットのせい。すごいのゴロゴロいるからね。 調子に乗って手を付ければ、本当に上達したりハマったりもするかもしれない。だがすごいのばかりが目...
fragments

fragments 威力偵察

・遅延評価勉強法は、必要を感じるまではやらないことで効率を高めるものだった。 気をつけたほうが良さそうな点が2つ。 1:基礎が出来ていなくてはならない。あるいは予備知識が必要になる。 「何が必要か」や、「xが足り...
2020.10.13
fragments

fragments 自分のペースについて

・なんかこうあれだ、ゆるいの書きたい。硬いことばっか考えてたらしんどい。 そう言えば役者の自殺が頻発している気がするが、いややめようゆるくねーよ。 まぁ一説によればコロナによる自粛で一人でいる時間が多い→自分と向き合う時間が増...
2020.12.15
fragments

アインシュテルング効果について

・多くの認知バイアスの根源にあるものとされる。 ・処理流暢性にかなり近い。 アインシュテルング効果/構え効果とは ・簡単に言ってしまえば、「成功体験に固執する心理的メカニズム」。 ...
fragments

考察 心の理論のシステム 

・犯行動機:私も心の理論について仮説を立てたかった。 ・今回も誤信念課題だけではなく、人の気持ちが推測できる/できない、それをどうやって人は行っているのかなどについて。 帰属ラベリング ・心理学で言う帰属と...
2019.12.05
fragments

fragments 2

モンティ・パイソン スパムメールの語源はモンティ・パイソン。 プログラム言語のPythonの語源はモンティ・パイソン。 勇者ヨシヒコはモンティ・パイソン・アンド・ホーリーグレイルのオマージュ。 ウィザードリィのヴォーパル...
2019.02.08
fragments

fragments 1

自分にとって重要なことほど辛いことについて 長い目、短い目 ・以前やった、主観的視点と俯瞰的視点を使う。 俯瞰的、つまりは物事を遠く高いところから見下ろすような視点で見れば、例えば試験勉強だとか、毎日の運動だとか、或いはダイエットだ...
2019.02.08
タイトルとURLをコピーしました