決断力のない人

決断力のない人 ・決断力がある者はチャンスをものにできる。少なくとも「挑戦」まではできる。ないと頭の中はどうあれ結果的にスルーすることになる。 意思表示ができない/自分からスタートできない ・自分で選 …

集中力の一瞬のラグ

集中力の一瞬のラグ ・パナソニック技報から。 同程度の認知処理時間が必要な認知タスクの問題を連続で実施していると,その処理時間が著しく延びる問題があることに着目している. 第1図は,難易度が同じ問題の …

映画館効果で集中力を上げる

映画館効果とは ・部屋の明るさよりもデスクの明るさが5倍あると最も集中しやすいという話。当然ながら部屋の照明を落とし、デスクライトで作業をする形になる。この状態が映画館に似ていることから映画館効果。 …

好きなことが見つからない人

2019/02/16   -未分類
 , , ,

好きなことが見つからない人 ・将来の夢、理想の自分、それらの指針ともなり得る「好きなこと」が自分でよくわからない。 これも「自分の考えがない」と悩む人の一つのタイプだろう。やりたいことが見つからなくて …

作業興奮とは

作業興奮とは ・心理学者のクレペリンが提唱した、とされる。 ・簡単に言えば「やる気は後から出てくる」という話。作業をしている内に脳の側坐核が刺激され、ドーパミンが出て、それがやる気になる、ということ。 …

アメリカのスクールカースト 学校生活における性格分類

アメリカのスクールカースト 学校生活における性格分類 ・人種差別の歴史もあり、日本よりも強く出るとされる。特に誰かがこう発表したわけではなく、自然発生した分類らしい。 ・性格って言葉は色んな意味を含め …

エーリヒ・フロムの性格分類

エーリヒ・フロムの性格分類 エーリヒ・ゼーリヒマン・フロム(1900-1980)はユダヤ系の社会心理学、精神部席、哲学の研究者。新フロイト派。 彼の性格分類は、「人が社会でどのようなポジションを取るか …

時差ボケやシフト制はどのようにして睡眠・起床を調整するか

時差ボケやシフト制はどのようにして睡眠・起床を調整するか ・3交代制や早番/遅番のシフト制、或いは海外との往復などによる時差ボケを修正するには。 ・例えばアメリカとの時差は14時間。昼夜逆転と同レベル …

エゴグラム 交流分析 性格分類

エゴグラム 性格分類 ・エゴグラムは、エリック・バーンの「交流分析」の内、自我モデルという概念を元にした性格分類。分類と言うよりは解析に近いかも知れない。 ・自我モデルの5つの要素の高低のバランスによ …

人格適応論:性格分類

人格適応論:性格分類 ・ポール・ウエアー、テービー・ケーラー、バン・ジョインズによって開発された理論。 ・全部で6つ。生き延びるための適応と行動上の適応で3つずつに分かれており、人間はそれぞれ最低1つ …

HN:nemo

twitter

 

gnōthi seauton

mēden agan

engua para d’ atē

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728