人間関係

仲良くなるとめんどくさく(あるいは逃げたく)なることと自己開示抵抗感

仲良くなるとめんどくさいと感じる まぁそういう人もいる。気遣うことが多くなったり、近すぎる距離感が苦痛だったり。大抵サービス精神が旺盛で、スルーができない性分が多いか。あるいは「キャラ」としての自分と仲良くなったのだから、素...
サイコパス

合理的な判断と行動を生む「精神状態」についての考察:サイコパス、扁桃体、マインドフルネス

前から目について気になってたんだが、「サイコパスになりたい」なんておもしろい願望も世の中にはあるようだ。単にシリアルキラーにでもなりたいのかといえばそうでもなく、どうも結構知ってる上で、その様な「精神状態」が羨ましいようで。 ...
アイデンティティ

自分の意見が言えない人と自己開示抵抗感

家族にも本音を言えない 自分の意見が言えないという人の中には、自分の本当の気持ちを誰にも話せない、という人もいるようで。誰かそういう人がいなきゃいけないのか。言わなきゃいかんのか、自分が言いたいのか。必要性か、欲求か。「本音...
アイデンティティ

自己開示抵抗感 自分を出せない

自己開示に対しての抵抗感。否定的な効果/結果を予測することが、自己開示の抵抗感となる。遠藤(1995)では、自己開示抵抗感は自己開示への抑制要因として機能するとされる。このことから、抵抗感が自己開示の量にも影響を与えるのではないか...
アイデンティティ

自分を出す/打ち明けることである自己開示とその個人差

自己開示とは 自分に関する情報を他者に伝えることを自己開示と呼ぶ。自己開示の内容には自分の感情、考え、今日あった嬉しいこと嫌なこと、プライベートなど様々なものが含まれる。言語を介して自分自身に関連する情報を特定の他者に伝達す...
心理

敵意帰属バイアスについて

敵意帰属バイアスについて ネガティブな出来事に直面した際に相手の敵意に依るものと認知しやすくなる傾向。簡単に言えば悪い結果になった場合に「わざとだ。悪意がある」という解釈を速攻ですること。厳密に言えば、「他人の曖昧な行動」に...
やる気・モチベーション・努力

充実感と達成感と満足感の違い

充実感と達成感と満足感の違い タイミングが違う。充実感は主に「最中」達成感は「ゴール」満足感は快の感情が湧いたとき自発性の違い充実感は自発的、あるいは自己目的的達成感は指示されたものでも自力なら感じることはあり得る満足感は完...
アイデンティティ

充実感の心理学での定義

現代青年の充実感に関する一研究 現代日本青年の心情モデルについての検討から。 「生きがい」と「充実感」はほぼ同義とされる 自我同一性(自己統一性=アイデンティティ)にまつわるものとして研究されている。青年の充実感は、そ...
世界観/人生観

シャーデンフロイデという心理と、条件、理由など。

・一言で言えば、「ざまあwwwwwwww」という気持ち。「他人の不幸でメシがうまい」「他人の不幸は蜜の味」というのが近いとされている。 日本でも論文があるくらいには周知されている。 ・ライバルが脱落したから、というのと...
ライフハック

習慣化の失敗の原因から改善点まで

・目標達成と習慣化とは結構違うのだが、混同されやすい。目標達成のノリで習慣化を試みるとコケやすくなる。 ・習慣化の目標としては、日常の一部とすること。決まったタイミングで決まった行動を取る、という条件反射の作成となる。 簡単に...
不安・恐怖

ブランケット症候群/タオルケット症候群/ライナス症候群

ブランケット症候群とは ・主に、子供がお気に入りの毛布などを手放さないことを指す。肌見放さず持ち歩くような。「安心毛布」とも呼ばれる。 「ライナス症候群」とも呼ばれる。『ピーナッツ』という漫画、要するにスヌーピーの漫画...
タイトルとURLをコピーしました