不安・恐怖

心理的安全性について

・チームのパフォーマンスを高める土台。 基本的には個人の特性ではなく環境要因として語られる。チームの空気とか雰囲気とか。 ・需要としては、部下に積極性が見られない、受け身的な従順さが強すぎて「協力的」ではないなどの原因と解決に...
性格・人格・傾向・嗜好

予定や約束に対して消化することだけ考える人、それ以外にも備える人

予定や約束だけ意識している人と、「それ以外」も意識している人がいるよ「それ以外」を意識している人にとっては、予定や約束は実態以上に時間がかかるものと認知されるよ結果、ちょっとした用事が入っただけでなんか嫌になるよ 予定や約束に対して...
心理・認知・感情・精神

スケープゴート:アダルトチルドレン

つまるところ今回の話は、「誰か」が自分が背負うべき「何か」から逃げている。そのためにスケープゴートが設定される。 ・アダルトチルドレンは機能不全家族であることが多いが、スケープゴートは特に機能不全家族の問題が大きく出る。 単純...
人間関係

機能不全家族とは

機能不全家族の概要 ・厳密には家庭内に対立や虐待、ネグレクトなどが恒常的に存在する家庭を指す。恒常的ってのは「いつも」「ずっと」ってこと。 英語だと Dysfunctional family で、Dysfunctional は...
2022.05.02
共感能力

他人のことなのに恥ずかしい:共感性羞恥について

「見てて恥ずかしい」みたいな感情だよ親しい相手が恥ずかしいことやってると感じやすいよ共感と言われているけれど、ぶっちゃけ共感じゃないよその証拠に、その「恥ずかしい」の基準は観察者当人のものだよ ・「人のことを自分のことのように感じる...
2022.04.28
共感能力

他人の感情が入ってくる/共感しすぎてしまう人:情緒的巻き込まれ

・「感情なんていらない」なんて言う人もいるくらいで、感情は元から人を振り回す。あまつさえ他人の感情で自分が振り回されるんだったら、まぁイヤだろう。 ・共感力が高すぎる人。例えば他人の感情を「浴びる」、みたいな表現が、わかる人とわから...
2022.04.13
共感能力

共感は心理学では2種類ある

・心理学上は、共感には大別して2つある。 共感は研究者に依って定義が様々だが、情動を強調するもの、認知的理解を強調するものに分けることができる。 情動的共感は感情的な共感が強調される。こちらが一般で言われる「共感」の大半だろう...
2022.04.12
心理・認知・感情・精神

楽観バイアスの例

・予測が甘いもんで責任感もない感じ。それで良いのか、それじゃ悪いのかは環境次第か。命がかかってても普通に発生するので、総評としてはよろしくない。 ・物事を楽観的に予測し、失敗や事故につながる楽観バイアス。客観的に見ると甘く見たツケで...
2022.03.30
性格・人格・傾向・嗜好

権威主義的パーソナリティ

偉い人の言うことは善悪の区別なしに受け入れる人たちだよ強い者には媚びて、弱い者はイジメるよこの手の人々がファシズムを受け入れたのだとされているよ最初は右翼的な心理だと思われてたけど、左翼にもやたらといることから教条的な服従の心理と...
共感能力

共感能力

相手の気持ちを想像している相手の気持ちと同じものを感じている(つもり)相手の気持ちに巻き込まれている 共感の意味 他人の意見や感情に「そのとおりだ」と感じること。簡単に言えば「あなたと同じ気持ちだ」「あなたの気持ちがわかる」と...
2022.05.03
性格・人格・傾向・嗜好

予定があると落ち着かないHSP

HSPは敏感すぎる人。繊細すぎる人。HSPは小さなことでも大きく考え込む傾向はあるため、予定があるだけで落ち着かない気持ちになってもおかしくない。病気じゃない。体質に近い話。治そうとするのではなく、理解して運用していく方針...
2022.05.10
タイトルとURLをコピーしました