ライフハック

ライフハック

先延ばしによる気分の変化と、結果の3パターン

ずっと嫌な気分だけど勉強に影響はないよ甘く見て失敗するけど人を見下すことで自信を保つよ計画的に先延ばしてしっかりこなすよ ・雑に言えば、先延ばしが向いてる人と、向いてない人と、論外とがいるよと。 同じ先延ばしでも面白いレベルで...
2022.08.05
やる気・モチベーション・努力

先延ばし癖がマインドフルネスで改善するという話

・まず初めに言っておきたいのは、先延ばしの原因は複数あるということだ。 先延ばしの因子とされているのは、 興味の低さによる他事優先先延ばし肯定・容認課題困難性の認知がある。 今回は、課題困難性の認知、つまりやろうとしてい...
2022.08.05
ライフハック

暗黙知と「質」のイメージ形成(心的イメージ)

量が質を作ることもある。経験が心的イメージを作る。暗黙知も経験を通して学習される。 まぁ全部じゃないかも知れんが。作業量ではなく「経験の量」が重要であり、加えて経験の質に拘らないで量をこなすならばやっぱり徒労となろう、と。 「...
ライフハック

暗黙知について

できる/知っているが言葉にできない知識。言葉にできる知識と反対の存在。「伝えたくても伝えられない」逸話は昔からある。 暗黙知とは 「知っているが言葉にできない知識」を指す。大きく分けて2つの使われ方があり、経験や勘などの身につ...
ライフハック

量が質を作る:量質転化の法則

・後世でも評価される作家の中には、多作なタイプがそこそこいる。 ・特にスポーツや受験勉強の分野で、量質転化の法則という言葉が使われることがある。量が質を作るという意味で、大体は行動に促す目的として。 ・初めは「質」と言っても何...
ライフハック

質より量の練習の価値

・この記事は『量をこなす中で質を高める』って所に着地する。 ・経験値を稼ぐ目的ならば悪くない。ただし「何の経験値を稼ぐか」を決めていなければ意味がない。 ・仕事でも創作でも、「最善は善の敵(ヴォルテール)」とか「完璧主義は敵」...
ライフハック

情報の整理をする価値

・情報の整理をするメリットや価値など。 現実的な量になる見つけやすくなる扱いやすくなる整理すること自体が復習になるアイデアが閃きやすくなる 前提としての情報過多 ・過多どころか情報洪水なんて言われるほどに、今の世の中情報...
目標達成

失敗が怖くて動けない、自分にできるわけがないと思う:メンタルブロック

・挑戦しようと思った時に怖気づく。責任がありそうなことは回避する。失敗が怖いから、自分にできるわけがないから。 そのような思い込みはメンタルブロックとも呼ばれる。 メンタルブロックとは ・心のブレーキ、心の壁。 ・...
時間

やることが多いし時間がない

やることが多いと人がどうなるか ・焦燥。急ぐつもりで速さを上げ、結果雑になる。ケアレスミスが増える。クオリティが落ちる。 ・逃避。変な悟りを開いてすべてを諦める。無気力になり、何もしない。状況からの逃避。 ・硬直。すべて...
目標達成

優先順位の付け方についての考察

・優先順位はプライオリティとも呼ぶ。 やる気がない状態の一部は、実際には「何やったら良いか具体的にわからん」ことから来ている。やらなきゃいけないこと自体は沢山あり、どこから手を付けて良いのかわからない状態。 この状態で何かをや...
目標達成

部分最適のリスク:コブラ効果やそれに類似した「目の前のことだけに対処していたら酷いことになった」例

・嫌なバタフライ効果というか、『風が吹けば桶屋が儲かる』の正反対というか。 部分最適と全体最適 ・全体最適は、本来はビジネス用語として扱われており、会社経営や組織運営でシステム全体が最適化されている状態を指す。 ...
タイトルとURLをコピーしました