「 集中力 」 一覧

自己目的的について:フロー状態

自己目的的とは ・フロー状態になりやすい性格や状態。 ・フローの提唱者であるチクセントミハイによれば、「それ自体が目的である」ということ。将来での利益を期待しない、行うこと自体が報酬をもたらすこと。 …

フロー状態について

フロー状態とは フロー状態概要   フロー (英: Flow) とは、人間がそのときしていることに、完全に浸り、精力的に集中している感覚に特徴づけられ、完全にのめり込んでいて、その過程が活発 …

ユージン・シュワルツの33分33秒:集中力:ライフハック

概要 ・集中/達成のためのライフハックの1つ。作業に集中するためのライフハック。 ポモドーロ・テクニックに似ている。あれより自由。 ・最も良い点はルールにあり、これは「やる気」にそれほど頼らない集中法 …

集中力の一瞬のラグ

集中力の一瞬のラグ ・パナソニック技報から。 同程度の認知処理時間が必要な認知タスクの問題を連続で実施していると,その処理時間が著しく延びる問題があることに着目している. 第1図は,難易度が同じ問題の …

映画館効果で集中力を上げる

映画館効果とは ・部屋の明るさよりもデスクの明るさが5倍あると最も集中しやすいという話。当然ながら部屋の照明を落とし、デスクライトで作業をする形になる。この状態が映画館に似ていることから映画館効果。 …

ADT:集中できないがADHDではない 2

2019/01/28   -未分類, 集中力
 , , ,

ADTの対策について ・ハロウェル教授本人が「集中力をコントロールするための5つのプラン」と称して語って入るが、いかんせん抽象的な気がする。 参照:https://toyokeizai.net/art …

ADT:集中できないがADHDではない 1

・実は自分はADHDではないか、とか思ってる人は結構見かける。ADHDじゃなく、ADHDのような症状が出る場合がある。ADTと呼ばれる。 ADTとは ・ハーバード大学、精神科医のエドワード・ハロウェル …

ポモドーロ・テクニックについて

ポモドーロ・テクニックの概要 ・開発者、起業家、作家であるフランチェスコ・シリロに依って発明されたとされる。 ・全体のイメージとしては、 集中することを目的とする 短い規則的な休憩時間を挟む 集中・休 …

15分の集中と休憩を繰り返す

15分の集中と小休憩での勉強が、60分連続の勉強よりも後日の成績が良かった。 ベネッセコーポレーションが行った実験。 実験では、中学1年生29名を、事前テスト(75問)の結果に基づいて学力が均等になる …

HN:nemo

リンクフリー

twitter

 

gnōthi seauton

mēden agan

engua para d’ atē