「 共感能力 」 一覧

考察 心の理論のシステム 

  ・犯行動機:私も心の理論について仮説を立てたかった。   ・今回も誤信念課題だけではなく、人の気持ちが推測できる/できない、それをどうやって人は行っているのかなどについて。 & …

心の理論の仕組みについて

  ・理論説、シミュレーション説がある。 ただ、心の理論について誤信念課題、つまりサリー・アン課題やスマーティ課題などの「心の理論の課題」しか知らないと混乱するかもしれない。   …

心の理論とはなにか

  ・特にADHDやアスペルガー障害などの発達障害者が、自分でこれができない、わからないと気にしているもの。   心の理論とは、他者の心を類推し、理解する能力である。 特に発達心理 …

オキシトシンのデメリット

  ・オキシトシンはべた褒めされすぎなので警告。 メリットの方はそこら中にあるだろうから割愛。   ・一般的に言われている抱擁ホルモン、愛情ホルモン。これらを「表」とするならば、オ …

HSPについて

リクエストがあったので。まぁ元から関心もあった。 ただし、いつもながらに「私見」なのでそこは注意。 気にいるかどうかは知らないし、私はそれを気にするべきじゃない。 リクエストは「HSPと発達障害につい …

サイコパスと扁桃体

サイコパスの扁桃体 ・扁桃体は脳内の一つ。感情の処理に重要。他に危機察知、仲間の認識。 ・自身もサイコパスだと判明した科学者ジェームズ・ファロンの「サイコパスになる要素(三脚スツール)」の1つに、脳機 …

主観 客観 俯瞰

モノの見方について。 例えば普段は主観的にものを見て、自分の行動が正しいのか客観的に自分を見たりして、歴史の授業なんかは俯瞰的に、の様な形でこれらの言葉は使われる。 別に異論はないんだが、言葉として通 …

二次受傷:経験していないことがトラウマになる

・簡単に言えば、自分は経験してないのにトラウマになること。 ・代理受傷、共感性疲労、外傷性逆転移、二次的外傷性ストレスなどとも呼ばれる。 ・悲惨な経験を聞いたり、見たりすることで、当該者ではなくとも被 …