「 月別アーカイブ:2019年09月 」 一覧

心の安全基地について

・セキュアベースとも呼ばれる。愛着行動の話。子供に限らず大人にもこの概念はあるとして扱われている。   心の安全基地とは ・主だった養育者、例えば母親と愛着が形成されている状態だと、子供は母 …

愛着理論について

2019/09/26   -未分類
 ,

  ・ジョン・ボウルビィ(1907-1990)が提唱したもの。愛着は、乳幼児が自分を守る大人との間に築く信頼関係を指す。   ・愛着のことをアタッチメントとも言う。まぁ見かけること …

侵入/反芻思考への対策

代替思考 ・はい論文。 https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjep1953/52/2/52_115/_article/-char/ja/ 侵入/反芻思考の抑制に …

嫌な考えが頭から離れない 侵入思考について

・工事中 侵入思考とは ・簡単に言えば不快な雑念。考えようとしてないのに、勝手に思い浮かんだり考えてしまうもの。これが認知行動療法の基礎理論では「侵入思考」と呼ばれる。 イギリスの心理学者デイビッド・ …

視点・捉え方を切り替える

ポジティブシンキングと言っても、無理に前向きなことを考えるだけでもない。 物事の捉え方自体をポジティブにする、ということもできる。 人は自然とネガティブの方向に傾きがちなので、バランサーとしても必要だ …

フラッシュバックとフラッシュバルブ記憶

フラッシュバルブ記憶とは ・個人的に重要な出来事や、世界的な重大事件についての異様に鮮明な記憶とされる。「写真のフラッシュを焚いたときのように」との意味でフラッシュバルブ記憶。後述するが、正確とは限ら …

継続的注意について

・特定の対象に継続して注意を向ける能力。時間の経過とともに低下する。 捉え方に依っては「脳のスタミナ」とも考えられるだろう。   ・「集中力」の違う見方かもしれない。特に集中が「切れてきた」 …

分割的注意について

  ・divided attention 言葉通り注意力を複数の対象に分割する。 マルチタスクは効率落ちるって話もあるが、意識レベルで全くできないのは問題がある。 例えばスマホを見ながら車を …

選択的注意について

選択的注意とは ・特定の対象に注意を向けること。 代表的なのがカクテルパーティ効果。雑然として一つ一つの音はとても聞き分けられない中でも、隣のグループが自分に関係ある話をしていれば、自然と耳に入るだろ …