未分類

愛着理論について

投稿日:

 

・ジョン・ボウルビィ(1907-1990)が提唱したもの。愛着は、乳幼児が自分を守る大人との間に築く信頼関係を指す。

 

・愛着のことをアタッチメントとも言う。まぁ見かけることは少ないかもしれないが、専門的な物を読むなら出てくることもあるので覚えておくといいだろう。

 

・喋れない、ろくに動けない、できることと言えば泣くしかない乳幼児は、面倒見てくれる大人が必要なわけだ。
「必要な時に助けてくれる存在」を実感として学習できるかとかそういう話になる。

ただしこれは「依存」とは別物だとボウルビィはしている。生存のために他者を頼るのは依存だが、愛着はそうではないと。
同様に、愛着自体は恥じるべきことではないとも。

 

・彼は愛着を「人間の一生を通して存在する」と述べた。

将来的にこれは、他者とのコミュニケーションの基盤となる。ここで愛着が形成できなかった場合にはコミュニケーションで問題が出やすくなるとも言われる。

 

・愛着が形成される過程は、ボウルビィによれば4段階に分けられる。

第一段階

・人物弁別を伴わない定位と発信。

誰彼構わず興味持つってこと。要するにあんまり人の区別をつけてない状態。
誰に対しても同じように泣いたり笑ったりする。

誕生から少なくとも8週、一般的に12週(3ヶ月)ほど続く。

 

・定位は接近や後を追うこと。発信は泣く、笑うなどの何かしらのシグナル。

 

第二段階

・1人またはそれ以上の弁別された人物に対する定位と発信。
親密な行動が母性的人物に対して顕著になる。その相手に対しては特に凝視したり、微笑んだりする。

第一段階の後から生後6ヶ月ほど続く。

 

・この頃に視覚や聴覚が発達し、愛着行動を取ることに十分に適した状態になるとされる。
なので第一段階の誰彼構わず、ってのも身体能力的な理由かもしれない。

 

第三段階

・発信並びに動作の手段による弁別された人物への接近の維持。
なげーよ。

第二段階の後から2歳ころまで続く。

区別がよりしっかりしてきて、母親の後を追う、帰宅した母親を出迎えるなどが増える。

 

・特定の人物が二次的愛着対象人物、2号さんに選定される。母親、父親、年長の同朋(兄姉)、祖父母などが多いとされる。

また、無生物にその愛着が向けられることもあるという(移行対象)。
移行対象はタオル、毛布などが挙げられる。ブランケット(ライナス)症候群はこれが続いているとも言えるか。

 

・母性的人物によく反応する代わりに、誰にでも示されていた親密な反応が減少する。

 

・見知らぬ人に対しての恐れも出現する。生後8ヶ月には出るので「8か月不安」とも呼ばれる。
「人見知り」の始まりとも。

 

第四段階

・目的修正的な協調性の形成。
3歳前後まで。

 

・第三段階までは養育者が「永続する存在である」ということを理解していない。姿が見えなければ極端に不安になるなどにこれは見られるだろう。

第四段階では養育者が時間的、空間的に永続し、更に独立した存在である(=自分と違う考え・意思を持つ)ことを幼いながらに理解する。

養育者の感情や動機についての洞察などを行い、これにより「協調」が見られる。

また、姿が見えなくなっても戻ってくることが予測できるならそれほどパニックにはならなくなる。

 

・養育者の意図や感情を理解し、協力して行動するようになる。

 

参考文献
http://repo.beppu-u.ac.jp/modules/xoonips/download.php/gk01905.pdf?file_id=9031

https://kotobank.jp/word/%E6%84%9B%E7%9D%80%E7%90%86%E8%AB%96-506462







-未分類
-,