自分

アイデンティティ

「当たり前のことができない」と思う時の当たり前は何か

 別に解決はしないし励まさない。  文中、「できない」としているが、実際の所はクオリティが低いとかそのくらいのことの方が多い。 まぁ、当たり前を疑ったほうが良い。その上でできるようになるべきこともあるが。 「当た...
アイデンティティ

自分の意見が言えない人と自己開示抵抗感

家族にも本音を言えない 自分の意見が言えないという人の中には、自分の本当の気持ちを誰にも話せない、という人もいるようで。誰かそういう人がいなきゃいけないのか。言わなきゃいかんのか、自分が言いたいのか。必要性か、欲求か。「本音...
アイデンティティ

自己開示抵抗感 自分を出せない

自己開示に対しての抵抗感。否定的な効果/結果を予測することが、自己開示の抵抗感となる。遠藤(1995)では、自己開示抵抗感は自己開示への抑制要因として機能するとされる。このことから、抵抗感が自己開示の量にも影響を与えるのではないか...
アイデンティティ

自分を出す/打ち明けることである自己開示とその個人差

自己開示とは 自分に関する情報を他者に伝えることを自己開示と呼ぶ。自己開示の内容には自分の感情、考え、今日あった嬉しいこと嫌なこと、プライベートなど様々なものが含まれる。言語を介して自分自身に関連する情報を特定の他者に伝達す...
アイデンティティ

充実感の心理学での定義

現代青年の充実感に関する一研究 現代日本青年の心情モデルについての検討から。 「生きがい」と「充実感」はほぼ同義とされる 自我同一性(自己統一性=アイデンティティ)にまつわるものとして研究されている。青年の充実感は、そ...
やる気・モチベーション・努力

自己評価が低い人と自信のなさについて

「自己評価」について 正直「自己評価が低い」よりももっと適切な言い方があることも多いが。 なお、「正当に自己評価が低い」というシチュエーションは有ることに注意。この際は無駄に自己評価上げても自分を唆す以外の効果はなく、...
2021.06.27
アイデンティティ

本来感 自分らしさを実感すること

 自尊心、自尊感情の要素の一つ。何かを根拠とするのではない、自らの内から湧く「自分らしさの実感」。 どちらかと言えばポジティブ心理学。アイデンティティに近いが、より外部の影響を受けず、直接的に「私は私である」とする感覚。 引用...
2021.07.09
世界観/人生観

自分の意見が言えない人

自分の意見が言えない人  まず、何でもかんでも「言えないのが悪いこと」で、「言えるようにならなきゃいけない」って認識なら、それは極端だと言える。言わない方が良い時もあるし、黙ってた方がマシな言い方もある。  思いつかないではな...
2021.10.02
自分

自分の意見が思いつかない対策

感情移入してみる  関心がなくて意見が思いつかない場合。 無理な共感は感情労働になっては精神衛生上よろしくない。言い方を変えれば、「自分が当事者/責任者になった場合のシミュレート」をしてみたらどうかという話。 ...
2021.02.09
fragments

fragments 自分のペースについて

・なんかこうあれだ、ゆるいの書きたい。硬いことばっか考えてたらしんどい。 そう言えば役者の自殺が頻発している気がするが、いややめようゆるくねーよ。 まぁ一説によればコロナによる自粛で一人でいる時間が多い→自分と向き合う時間が増...
2020.12.15
ライフハック

自分のペース:精神テンポについて

個人固有の作業テンポ ・簡単に言ってしまえば「自分のペース」。精神作業や動作に於いてちょうどよいと感じる速さ。 各種領域がある。精神作業とは知覚や思考など。歩く速さと話す速さが共通で早いとも限らず、どちらかが遅くてもう片方が早いなど...
2020.10.12
タイトルとURLをコピーしました