人間関係 性格/人格

パーソナルスペースと心の距離感

投稿日:

・人との距離感を間違えると、人格とは無関係に嫌いになったりはするね。

それ以上に、精神的な他者との距離感、特に自他の境界線に問題があると苦労することになる。

 

パーソナルスペース

・物理的な人との距離感。自分を中心とした円形のテリトリー。

一般に親密ならばさらなる接近を許し、敵視している相手ならパーソナルスペースは拡大する。つまり相手による。
友人に肩を叩かれるのと、嫌いな奴に肩を叩かれるのとを想像してみればいい。触られるの自体が嫌いって人もいるだろうが、許せるか許せないかは違うだろう。

近づけば近づくほど「接触」があり得る距離ということになってくる。それは悪意が合った場合、相手の加害範囲にあるということにもなる。相手次第で可変するのは妥当なシステムだと言える。

当たり前だが、相手にもこれはある。ここにズレがある場合は、どちらかが不快感を、あるいは寂しさを感じるかもしれない。

 

・注意点はパーソナルスペースが「広い」=こっちくんな、「狭い」=もっとこいよ、という点。狭いって言うとネガなイメージがあるので少々ややこしいかもしれない。

 

・文化的な背景により国や個人に依って差がある。

 

・エドワード・T・ホールの定義は以下。

パーソナルスペースを4つのゾーンに大別し、それらをさらに近接相と遠方相の2つに分類した (Proxemics)。その空間については、概ね次のとおりである。

密接距離

ごく親しい人に許される空間。

近接相 (0 – 15 cm)

抱きしめられる距離。

遠方相 (15 – 45 cm)

頭や腰、脚が簡単に触れ合うことはないが、手で相手に触れるくらいの距離。

個体距離

相手の表情が読み取れる空間。

近接相 (45 – 75 cm)

相手を捕まえられる距離。

遠方相 (75 – 120 cm)

両方が手を伸ばせば指先が触れあうことができる距離。

 

社会距離

相手に手は届きづらいが、容易に会話ができる空間。

近接相 (1.2 – 2 m)

知らない人同士が会話をしたり、商談をする場合に用いられる距離。

遠方相 (2 – 3.5 m)

公式な商談で用いられる距離。

公共距離

複数の相手が見渡せる空間。

近接相 (3.5 – 7 m)

2者の関係が個人的なものではなく、講演者と聴衆と言うような場合の距離。

遠方相 (7 m -)

一般人が社会的な要職にある人物と面会するような場合におかれる距離。

https://ja.wikipedia.org/wiki/パーソナルスペース

 

・西出和彦の定義は以下

排他域

50 cm 以下。絶対的に他人を入れたくない範囲で、会話などはこんなに近づいては行わない。

会話域

50 cm – 1.5 m。日常の会話が行われる距離である。 このゾーンに入ると会話することが強制的であるような距離圧力を受ける。すなわち会話なしではいられない。もし会話がないときは何らかの「居ること」の理由を必要とする。

近接域

1.5 – 3 m。普通、会話をするためにこのゾーンに入るが、会話をしないでこのゾーンに居続けることも不可能ではない。距離圧力としては微妙なゾーンであり、しばらく会話なしでいると居心地が悪くなる距離である。

相互認識域

3 – 20 m。このゾーンでは、知り合いであるかどうかが分かり、相手の顔の表情も分かる。普通、挨拶が発生する距離である。特に、3 – 7 mの距離では、知り合いを無視することはできない。

https://ja.wikipedia.org/wiki/パーソナルスペース

 

・不自然に近い距離、理由が必要な距離、無言だと居心地が悪くなる距離、挨拶するような距離など。実際に距離を測ってみるとわかるが、結構しっくりくる。

 

・距離が数字として表されているが、それほど絶対的なものでもない。気分にもよる。
人と会話する気分じゃない時は、接近されたら多少ウザいとは思うだろう。これは「排他域」が拡大していると言える。

また、状況にもよる。ファミレスで食事をしているとして、別の客に相席を頼まれたとしよう。そんな状況あるのか知らんが。
他の席がすべて満員だったらやむなしと思えるかもしれないが、ガラガラだったらやべーやつだと思うだろう。明らかに何かしら自分に用があるからだ。

パーソナルスペース自体は割と簡単な概念なのだが、現実に人間同士が感じる「距離感」は、状況や個人の認知なども絡まってなかなかにめんどくさい。

 

心の距離感とそれがおかしい人

・他者の心の距離感がおかしい場合は馴れ馴れしい、押し付けがましい、支配的などの過干渉系の害が多い。逆の場合は視界に入らないためそもそも是非を問われない。

自分に問題がある場合は、上記のようなことをやらかしたのではないかという不安や心配、人を信じられない、仲良くなりたい気持ちもあるが警戒心のほうが強いなどがある。

そもそも「自分と他人の区別」があまりついていない例としては、自他境界という概念がある。

 

自他境界

・「自分と他人は別物」という輪郭や境界線を指す。
自分の視点は他者と異なる。都合も異なる。考えも異なる。求めるものも異なる。嫌いなものも異なる。

言葉にすれば「当たり前」だが、認知として機能しているかどうかとは別。発達障害によく見られる症状の1つとされている。

心の理論においてのサリー・アン課題(https://embryo-nemo.com/1197/)の誤答も、他人の知らないことと自分が知っていることの混同といえる。

 

ストレスが溜まっているなどでもここがおかしくなる。無関係の否定的な意見が「自分に向けて言われている」ように感じて、へこんだり「反撃」をするなど。もちろん反撃と言っても攻撃をされたのは自分の脳内の話だから、実際には突然攻撃的になる状態になる。

つまり元から異常があることもあるし、一時的におかしくなることもある。

ただ、知ってる限りだと元からのタイプは方略を身に着けて適応しようとする。一時的タイプは数がクソ多いし自分はまともな認知をしていると思っている。後者のほうが勘弁してくれと思うが、多分自分がなってもなかなか気づけないものだろう。

 

内閣府の平成30年度版障害者白書(https://www8.cao.go.jp/shougai/whitepaper/h30hakusho/zenbun/siryo_02.html)によると、知的障害者(発達障害はこの中に含まれる)が108万2千人、精神障害者が392万4千人なので、後天的に自他境界が怪しくなる可能性のほうが高い。

 

自他境界の認識能力はそれほど安定したものではないと思う。日常的な言葉で言えば「気分」に含まれるような、些細な、頻繁なレベルで揺らぐのではないか。
例えば他人の言動に対して、いつもは気にならないことが気になる、いつもはスルーしていることがカチンと来るなどはあるだろう。

 

・自他境界のあいまいさは2パターンあるとされる。

 

自分の領域を他者にまで広げる

・「他人は自分とは違う経験や意見を持っている」という可能性を考えづらくなる。
他者のコントロールをしようとする言動になりやすい。

例えば、以下のような思い込みをしやすくなります。

「自分が考えていることはみんなにとっても絶対に正しい」

「自分が考えていることは、相手も考えているはずだ」

「自分がこんなに困っているんだから、気持ちは相手に伝わるはずだ」

「自分のルールは相手にとっても守らなくればならないルールだ」
など。

それによって、下記のようなケースに発展することもあります。
・他者の都合やルールを、一方的に自分の都合に合わせようとする

・他者の価値観や信条があることに気づかず、自分の価値観や信条に反する他者の言動を否定する。

・他者の考えと自分の考えが区別できず、自分の考えは当然他人もわかってくれるという前提で話をする。

実際には相手は自分と同じ考えや価値観と同じにはならないので、不要な怒りや不安、葛藤を抱えやすくなります。

https://www.adhd-coach.org/adhd

頭でこう考えているというよりは「そうだと思って疑わない」という感じ。強い意志でそう思っていると言うよりは、それ以外の解釈など全く思い浮かばない状態。

こんな態度の奴そこら中にいる。これらは「性格」や「キャラクター」として認知され、問題視されていないことが多い。嫌われてはいるが。

 

・割とこうなるのが親子関係だ。毒親も上記と一致するだろう。毒親と子供に言われる親は、わかりやすくクソ親なのもいるが、それ以上に「愛情深い親」もいる。要するに過干渉。

はっきりと言ってしまうが、不快だったり有害だったりする愛情、友情、親子関係、仲間意識などはある。そのどれもがこのような形だ。

相手が自分に向けるこれらに対しての不快感はすべて「押し付けがましい」「馴れ馴れしい」という要素を含むだろう。

逆を言えばこれらは好意という名の感情だけではなく、理性で為される必要がある部分を含めるものだということ。

 

他者の領域を自分にまで広げる

・他人の影響を受けやすい。俗に言うところの「自分がない」ような言動になる。
意見が分かれると否定されていると感じやすい。

・他人の考えと自分の考えが区別できず、他人の考えをそのまま受け入れてしまう

・他人の問題や責任と自分の問題や責任の区別がつかず、他人の不始末の責任を引き受けてしまう

・相手の要求をうけいれてしまい嫌だと言えない、要求をはねつけることができない。

・相手の言いなりになり、傷つけられ、他者が怖くなってしまう。

自分と他者は別のものだという感覚に基づいていないために、他者、特に周りのことを考えない「侵入的な人」の対応に追われやすい傾向があります。

https://www.adhd-coach.org/adhd

 

・明らかに自分の領域を他者にまで広げるタイプと相性が悪い。

こちらは毒親の被害者を彷彿とさせる。両者は陰と陽の関係あるのではないか。

自分の領域を他者にまで広げるタイプもそうだが、これらは相性の善し悪しや気が合う合わないなどとは違い、それらが違うことそのものを許容できない/理解できない状態と言える。

 

4つの境界種類

・自他の境界の種類。ニーナ・ブラウンの提案。

柔らかい – 自分と他人との境界線が重なっている人。この境界を持つ人は、心理的操作術の犠牲者になりやすい。

スポンジ状 – 時には柔らかく時には硬い境界を持つ人。彼らは柔らかい境界線の人よりも感情的伝染を受けることは少ないが、硬い人よりは影響を受けやすい。スポンジ状境界の人らは、何を受入れ、何を受入れないかははっきりとしていない。

硬い – 硬い境界線を持つ人は、閉鎖されるか壁で囲われている。誰も身体的・感情的に近づくことはできない。この状態は、誰かが物理的、感情的、心理的、性的に虐待を受けていた場合によく起こり得る。時間、場所、状況に依存する「選択的な硬い境界線」も起こり得り、その多くは過去の悪い経験と似た状況に遭遇した場合である。

フレキシブル – 「選択的な硬い境界線」に似ているが、それよりも良くコントロールされたものである。その人は何を受け入れ、何を受け入れないかを決めているため、感情的伝染や心理的操作術に抵抗し、それを破ることは困難とされる。

https://ja.wikipedia.org/wiki/個人の境界線

・フレキシブル(柔軟性がある様)以外は問題が在る。やはり大抵の場合は、境界に課題がある。

結局の所、境界線は意識的判断で決めなければならないのだろう。そのコントロール能力も必要になる。







-人間関係, 性格/人格