未分類

嫌なことを思い出す場面とその理由について 3

投稿日:

 

考察その1

・緊張と退屈が同時に起きるとこうなっているように見える。何よりこの2つが同時に起きるのが不思議だが。勉強に依る症状も集中と退屈が同時にだとは言えるだろう。緊張、、リラックスが各々排他的ではなく、同時に起きる? まぁ交感神経と副交感神経同時に動くしな。フロー状態は両方活発だそうな。

そう言えば、ゲーム中にこうなって、しかも成績は良い、って話があったな。フローに入りかけの状態でこうなるんだろうか。だとしたらもったいない話とも、後述するが妥当だとも言える。

・特に料理中は「火」か「刃物」を使う。この2つは慣れてはいるが、危険でもある。つまりは退屈で、緊張すること。この状態は頭は退屈で、その上で意識は向けていなきゃいけない状態だ。頭だけ暇だとDMNの出番となる。

・ピアノは他の楽器より難しいみたいな話を聞いたことがあるな。左と右で違うことやるからだろうか。他の楽器は両手で一つの演奏、みたいな気もするし。

ピアノで簡単なのを3曲弾ける程度の私にはよくわからん。ギターは弾けないからぶっちゃけどっちが大変なのかも正直わからん。まぁ難易度高いならその分集中は高い状態だろう。

・どうも集中のイメージが、現実と一般のイメージとで違うような気がする。前にもやったが、あれとは更に別に。偉い感覚的な話になってしまうが、極度の集中状態でも、それとは別の部分が意識内に存在している感覚。つまり、集中と言っても「意識のすべてを使うわけではない」こと。

私はゾーンやフローになったことはあるが、あれが溶けるのはその「別の部分」がまるで自分が水中にいることに今気づいたかのように騒ぎ出して壊れる、という形が多い。どうも「集中しすぎないようにするシステム」はあるんじゃないかと感じるが、あんまり関係ないか今回とは。

ただそのシステムが日常的なもので(なにせ定型発達者は過集中に滅多にならない)、その「手口」が人によって違い、中には「集中していることの危険性を提示する=嫌なことを思い出す」ことに依ってその役目を果たしているとしたら。

実際このシステムがあるとしても不思議じゃない。というか、集中状態が本来はどれだけ危険であるかは高速道路催眠現象からもわかるだろう。

この暴れる部分はメタ認知能力と意識リソースを共有している様に感じる。ここだけ排他的なような。

・入浴などリラックス時に起きることについて。

精神状態には一種の恒常性、つまり一定の状態を保とうとする機能があるように思える。落ち込んでいたり嫌なことがあったら元気が出そうなものを探すか、話を聞いてくれる人を探すだろう。或いはふて寝。このような「回復/避難」の逆に、安心しすぎたら緊張を、喜び過ぎたら少しは悪いことが目に付き始める、など。

この場合「一定の緊張感を保とう」とする機能が働いたとしたら、リラックス時に嫌なことを思い出して「気を引き締めさせる」ことはあり得るかも知れない。クソ迷惑だが。

これがあるとして問題が出るのは、この「基本となる精神状態」が恐らく人によって違うことだ。誰かの「気を引き締めている状態」が別の誰かの「何かの病気じゃないのか」レベルかも知れないということ。重ねてこれは、能動的な思考ではなく、無意識的な精神状態の恒常性の話だ。

俗に「職業病」なんて言われてるのが代表格か。他の場所でも、別の場所の「普通」が出てしまう。一定の真面目さ、一定の細かさ、一定の環境の維持。職業病は「問題のないPTSD」だと思うね。まぁ大抵は自主的に刻み込んだのだろうが。この辺り人間は恐ろしく不器用な気がする。オンオフがないかのような。

どの道、このシステムが実在したとしても、正常に機能しているとは言えない。普段はともかく、この場では。さて、「無意識」に塩梅を学ばすにはどうしたらいいのやら。

・逆に避ける事自体は簡単だろう。本人がトリガーを自覚しているのだし。集中しすぎているのが問題なら、その時はラジオでも聞きながらやってみたらどうだろうか。聞き慣れた音楽では恐らく効果はないだろう。先が読めると、脳は勝手に先走る。手が空くから、多分その空いた手間で嫌なことを反芻するだろう。

嫌なこと思い出すから酒飲んで料理やる、って話もあったが、キッチンドランカーは結構重症になることもあるので今その習慣がないのなら初めないほうがが良い。

・起きる時寝る時に嫌なことを思い出す

割とどうしようもない。ただ、気にしなくていいとは言える。気にしてしまうのもわかってはいるが。「思い浮かんだだけ」であり、別に人生の未消化で決着をつけなきゃいけない出来事、というわけではない。

ここは決して履き違えてはならない。不快な回想だが、ただ不快なだけだ。
思い出した理由は特に無い。記憶にあっただけだ。
リアクションをする必要はない。「今」じゃないからだ。
行動に反映する必要はない。それに対しては「何もしなくていい」。

この何もしなくていいという結論に、人は基本至れない。解決脳というか、することモードと言うか、不快な出来事を「問題」だと捉え、解決し、ある意味「始末」することで初めて安心する、ということを常日頃やっているからだ。

我慢することとも違う。受容と呼ぶにふさわしい。一番近いのは「諦め」だが、まぁイメージが悪い言葉だね。で、それがわかっててもなかなか出来ないから、そこら辺が可能になる第3世代の認知行動療法、マインドフルネスとかが最近取り沙汰されているわけだ。

・まぁそれとは関係なく、眠くないのに寝ようとして布団に入るとそうなる。これは不眠を悪化させる理由の一つとされている。







-未分類
-, , , , , ,

HN:nemo

リンクフリー

twitter

 

gnōthi seauton

mēden agan

engua para d’ atē