未分類

意識の2つのモード:doing mode(することモード)・being mode(あることモード):マインドフルネス

投稿日:

 

マインドフルネス認知療法(MBCT)のシーガル、ウィリアムズ、ティーズデールによれば、意識は2つのモードがあるとされる。 doing mode(することモード)とbeing mode(あることモード)。

 

>doing mode(することモード)

自動的に反応する心理的モード。
理想と現実のギャップに目が行き、それを埋めようとしている。そのための問題の発見、解決を行う。なにか問題が起きた時、自然とこのモードに切り替わりやすい。

日常的にはこちらを用い、普段の雑事をこなしている。半自動的に。あるいは物事の「論理的な」解決などにも使われる。

簡単に言ってしまえば対象を「問題」とみなし、「解決」を試みるモード。総じてアウトプットに傾いている。問題・課題に対して、知っていること・出来ることで解決しよう、と。まぁ自然だね。

心の中の出来事に「反応」する。

割としつこいところがあり、すぐなんとかならなくてもそのまま考え続ける傾向があるとされる。

加えてちょっと馬鹿なところがあり、思い浮かんだだけのことを「現実」として捉えて騒ぐ傾向があるとされる。

これらは「普段の意識状態」よりもちょっと病んだ精神状態とも言えるかもしれない。「何かを気にしている/悩んでいる状態」として構わないだろう。

今回はこちらへの理解を深めた方が良いだろう。一見して意識的にしかできないはずの「考える」という行為が自動的に行われていることもあるということに。つまりは思った以上に普段の意識が「自分のコントロール下にない」ことに。自動的であり、それ故に食い違っていた場合に大きな間違いとなり得る。

なにか問題が起きた時、何が悪いのか、原因はなにか、考えることでの解決を行おうとする状態とされる。これらに用いるのが批判的思考、習慣的な反応とされる。

つまりは認知のクセ、認知の歪み、認知バイアス、あるいは帰属、あるいは評価。これらが「自動的に」行われているということ。

意識について、まずここで誤解というか、正確ではない認識をもたれやすい。思うこと考えることは自分の自由にできているはずだ、と。認知バイアスとかが「気をつければなんとかなる」とか、考えが浮かぶことに対して「じゃあ考えなきゃ良い」だとか、小学生レベルの解決法(笑)が真顔で返ってきたりするのはこのためだろう。

これらは別に悪いとは限らない。「上手く行けば」、というか結果的に正解ならば何も問題はないし、上手くやるつもりで脳はやっている。

ただ、「上手く行かなかった時」、さらに言えば既存の方法が根本的に不適切な場合でも、解決を求めてさらなる評価、分析、あるいは過去の似たような事例を思い出し、それがネガティブな思考の反芻となる。

つまり分析や論理的解決を試みるなどの行為が失敗に終わった場合、ネガティブな感情、ネガティブ思考の反芻がいつまでも止まらない、という人によってはおなじみの状態になる。

することモードは他に解決のためのやり方を知らないからだ。なんとも出来ないことをなんとかしようとして、既存の方法を繰り返す。「真面目な人間は悩みやすい」ってのは、お馴染みの話だろう。

また、これらは「予期」した未来の不安に対しても同じことが言える。こちらはさらにタチが悪い。想像力が許す限り「問題」は見つかり、いますぐ解決することはない、というか問題自体がまだ発生していないんだから当たり前だ。

これはこれで予防的態度というか、予め先手を打って被害を最小限に抑える、問題そのものを発生させないように立ち回るなどになれば「正常な働き」と言えるだろう。限度を超えなければだが。

することモードは視野狭窄・近視眼的なところがあり、問題に対して悩めば悩むほど周りが見えなくなり、見えてること、思ったこと、知ってること「だけ」で解決しようとすることになり、やっぱりドツボにはまる。

ドツボにはまっている上でドツボにはまった理由であるこの方法を更にひたすらやろうとするので、そりゃ病むだろう。簡単に例えれば、この構図は「うつ病の人間に根性論を押し付ける奴」と全く同じだからだ。それが脳内で起きているわけで。

問題以上に問題を発生させる可能性が十分にある。「気にしない」ことが解決になり得るということは、逆を言えば「気にする」という行為自体がかなりのメンタルヘルス的な意味でのリスクを含んでいるということでもある。

何よりも。「それ」は本当に「問題」だったのか。本当はそうではなかった場合には問題だと捉えた「認知」に問題があったことになる。

まぁこの上で普段はそこそこまともに働いてることも疑いはない。おかしなことになったら手入れをするために「目をかける」必要があるというだけだ。即ち自身の内面に対しての気づき。

>being mode(あることモード)

簡単に言えば意識が「いまここ」にある状態であり、注意とその操作、気付きなどを含める心理的なモード。意図的に反応できる状態。

問題に対して「気づき」を得るため、注意を向ける。現実に対しての情報収集モードであり、方向性は持たない。

心の中の出来事を「観察」する。反応はしない。これらを「出来事」としてだけ捉え、判断も解決もしない。

することモードと違って目的・ゴールを持たない。持ったらその「理想」との距離が測られ、その距離を縮めようとし、することモードになってしまう。逆を言えばすることモードは人間の自然なものの考え方、自然な物事の解決法でもある。

あることモードはマインドフルネス瞑想で得られる状態なわけだが、これを行う際にはあることモードになるという目的自体が邪魔になるということでもある。ただひたすらに観察/集中であり、特定の状態になるという「ゴール/目的」を持っては邪魔になる。というか何もかも邪魔扱いされていることが多い。

実際禅や瞑想などの教書でも、悪魔が出てこようが神が出てこようが邪魔だから無視しろなどと書かれていたりする。別のものではツバ吐いてぶん殴れって書かれていたが、まぁ多分比喩的な表現だろう。モンキーマインドに対してもそうだが、修行者に拠っては修行の邪魔になる内面的現象に対してガチ殺意が見られる。雑念の相手してるってことにも見えるのだが、いいのか。

余談だが、心は時には「ニセのいまここ」まで演出することがあるとされる。一度瞑想により体験した集中状態とか「行」の状態とか「いまここ」の状態を「再現」しようとするという話。これまた「ゴールの設定」をしたせいで心が余計なことをしやがるからだ、とされている。

>2つのモード

これらのスムーズな入れ替えが重要だとされる。優劣はなく、ただ向き不向きがある。

することモードには自然となりやすい。人間は基本的には物事を判断し、その中には「問題」として捉えられるものがあり、解決をしようとするのが自然体だろう。単純にこれがうまくいかない時には切り替えて材料集めに行けよって話で。

このような時のあることモードの利点としては、「現実」から選択肢を多く抽出でき、これを意識しながらの行動が可能であることが挙げられている。また、することモードの反芻思考、あるいは単純に予期や想像などをしている時、人はそれを追体験・再体験に近い状態で味わっており、意識が現実から頭の中にある意味「誘拐」されている。これへの対処として。

これらに能動的に切り替えることが可能となるマインドフルネスは効果的だとされる。

参考:
http://pscenter.doshisha.ac.jp/journal/PDF/Vol3/p41-.pdf







-未分類
-, , , , ,

関連記事

心配・不安からの予防的態度と完璧主義

目次1 予防的態度1.1 危険予測とその対策のパターンとして2 社会規定型の完璧主義の素材3 擬似的な他者志向型完璧主義4 メモ 予防的態度 理想自己・義務自己に纏わる学術論文に「親の予防的態度」とい …

意志力を鍛えるには

なにか諦めそうになった時、誘惑に負けそうな時に対して、人は「意志力」の強弱を語る。ではどのようにして強くできるのか。 目次1 ■意志力とは2 ■意志力について言われていること2.1 ・限られた資源であ …

インパス:交流分析/ゲシュタルト療法

  「行き詰まり」。何も悪いことはないのに罪悪感を感じるだとか、何も恐れる必要がないのに何かが嫌でたまらないだとか。そのような自覚として現れる。 元来はゲシュタルト療法の概念。性格の中の相反 …

没頭・集中・充実感について

充実感は達成感に非ず。充実感とは、「今」に対して感じることだ。目的達成の瞬間とは違う。人間の長期目標は長すぎる。恐らく脳はその価値を認識できず、達成より先に飽きるのが常だろう。 「今ここ」の擬似的な再 …

完璧主義者の「完璧」のイメージ

完璧主義がイメージする「完璧像」のタイプについて。 まず完璧主義という言葉は、確かに診断する尺度とかはあるが、それでも一般においては「自覚症状」として扱われている。完璧主義を治したい、という人は多いが …

HN:nemo

twitter

 

gnōthi seauton

mēden agan

engua para d’ atē