報復性夜ふかし/リベンジ夜ふかし:寝なきゃいけないのに寝たくない心理

「今日も、今日に満足できなかった」

報復性夜ふかし/リベンジ夜ふかし

https://www.lifehacker.jp/2021/04/dont-fall-into-the-trap-of-revenge-bedtime-procrastinat.html を参照。

いいネーミングだ。

今日、 “報復性熬夜(revenge bedtime procrastination/リベンジ夜更かし)” という言葉を知りました。日中の生活をコントロールできなかった人が、自由の感覚を取り戻すために夜遅くまで寝ようとしない現象を意味します。

「熬夜( アォ イエ)」は中国語で夜ふかしや徹夜のこと。

 2014年にはオランダのユトレヒト大学の研究者に依って「就寝先延ばし」は提唱されている。これは、「自由時間を楽しむために就寝を先延ばしにすること」と定義され、今回と一致する。

これを元に中国のソーシャルメディアから報復性熬夜という言葉が生まれた。「一日中仕事をしていた腹いせに夜ふかしして自由を楽しむ」との意味で使われたようだ。中国の若者で多いらしい一方で、「明確な自傷行為」との指摘もある

文中ではこれを「愚かな行動」としつつも、私達は時にこのようなことをしてしまう、としている。単に眠いと判断を誤りやすく、感情が優位な行動を取ってしまう説もあるが。リベンジリラクゼーションとも。


上司がいない、子どももいない、中断も入らない。静寂とは、素晴らしいことなのです。

外的な要素がない=内発的な動機で、能動的に動けて、そして没頭できる時間。それが寝る前あたりの時間帯。端的に「自分の時間」と明言できる時間。

やはりこれを「自ら終わらせるには惜しい=寝たくない」感情は有るのだろう。
この上で「寝たら明日が来る」となると、まぁ。



自由を取り戻すための復讐


 リベンジ夜ふかしの動機は、日中を有意義に過ごせなかった、満足できなかったなどの不完全燃焼感からだとされる。充実感や達成感の不足。

日中は不自由、不満足を感じるため、人が寝静まった深夜にそれを果たそうとする。

ところで日中の不自由さの正反対として「プライベート空間の7機能」がある。
主に他者や社会から期待されている「社会的役割」から、あくまでも「一時的に」離れ、休息することを目的とした空間・時間の過ごし方。
この時「個人(あるいは自分)」として在ることができ、「自由」に振る舞うことができる。

大まかに3つに分けられ、専有できる、共有できる、自己開放できる空間がある。「共有」がある点から分かる通り、他者は邪魔とは限らない。目的と相手には依るが。

自分が夜ふかししていると自覚するであろう「寝る前の(そろそろ寝るべき)時間」は、専有できる空間、自己解放の空間/時間として機能する。

この中でも専有の内の緊張解消、自己解放の内の情緒的解放や気分転換の機能が期待できる。
緊張解消と情緒的解放は「被拘束感」が、気分転換は「いらだち」が感じられる時に必要とされる。

ここから考えると、日常が不自由でストレス→リベンジ夜ふかし、という構図は成り立つ。


取り戻そうとしているもの/奪われたものは何か

 この「自由」は、時間が空くこととは違う。「自己コントロール感」に当たる。これは自制心に近いがそれだけではなく、「自分の飼い主は自分である」実感に近い。これは「本来感」とも呼ばれ、幸福度、充実度に影響を与える。つまりは、やっぱり自分で終わらせたくない=寝たくない。

本来感は社会的な評価を受けると(肯定でも)損なわれるデリケートなもので、反対に「自分の意志に率直に動けること」だとされている。独立性。つまり他人の目がない深夜の自室なんて最高だ。やべーな。

「自分のことに忙しい」のは、ここでいう自由の内に入る。自分がやりたいことなら別にご立派じゃなくていい。だから治療的な方面で、小さな自由、小さな意思決定を繰り返すことが推奨されることもある。

つまり、この時、充実している。特に意味もないし生産性も皆無かも知れないが、紛れもなく「ただなんとなく」という(しょうもないが)自らの意思での行動だから。明確に「邪魔する人がいない時間が好き」との意見もある。

このような自由な時間は、ただ自由というだけで相対的に「とても価値ある時間」となっている。他が拘束感高すぎて。自分ですらしょうもない時間の使い方をしていると感じていても。

不自由を強いる日常(「寝なくてはならない」という念を含む)への反発心、とも呼べるかも知れない。リベンジ=復讐と言う名は正しいのではないか。

ただ、反発心からくる行動はたいてい自己破滅的であり(やけっぱちに近いので)、今回もそのうちに入る。

寝るの遅れる→朝つらい→日中だるい→夜もったいない、と悪循環となるリスクは大きい。

見落としがちだが、明らかにこの「もったいない」気持ちが、睡魔に勝ってしまっている。限界が来たら流石に自分は寝ようと思うだろう、と考えていると、いつの間にか朝、もあり得るかも知れない。


理性vs本能

 そもそもこれは、「寝なくてはならない」超自我(規範的な無意識)に属した動機と、「自由を満喫したい/自ら終わらせるには惜しい」イド(本能・直感)に属した動機との対立だ。

かなり雑に言えば頭の中の親のコピーが「もう寝なさい」って言ってて、頭の中の子供の部分がやだーってなってる状態。

これだけならまだいい勝負ができるかも知れんが、その戦闘の場は「自分の自由な時間」なので、「寝なくてはならない」は結構不利とは成り得る。

超自我は度が過ぎると精神病む理由ともなり得るので、たまの夜ふかしくらい自分で自分を多めに見たほうが良いと思うけどね。


なおゲシュタルト心理学ではトップドッグ(理性/勝ち犬)とアンダードッグ(本能/負け犬)と表されるものに当てはまる。こちらは「最終的には負け犬が勝つことが多い」と元からされている。

また、アンダードッグの「賛成するフリ=引き伸ばし」により、やるつもりだったが結果的にできなかった、結果的に間に合わなかった、もっといい方法があるかもしれないからそれはやらなくていい、などの形で物事が終わり、当人に自覚がない可能性。

https://embryo-nemo.com/472/

脳的には大脳辺縁系(衝動や欲求)vs前頭前皮質(理性的な部分)とされる。

リベンジ夜ふかしの解決策について

 身体は寝不足状態の可能性が高く、ただ寝るだけで良いと言えば良い。それをする気がサラサラ無いのが問題であり、これは一日に対しての充実感や達成感の不足の念に対しての、感情処理の話となる。

件の記事では解決策として、

  1. 夜ではなく昼間に少しでも自分の時間を保つこと(まとまった時間じゃなくて数分単位でもいい)
  2. あるいはこのリベンジ夜ふかしを自覚し、時間制限を設けること

1に関連して、早く欲求を満たすべきだ、とする話もある
朝早く、あるいは昼間、夕方の早くや帰宅してすぐにやりたいことをやるなど。どの道予防策だな。

2は、せめても通常の就寝時間の1時間ほどを限度とするべきだ、との話がある。

このあたりから寝たくない心理でやった「寝る決断ができない」こととその意思の必要性に通じる。
これは寝るという意思決定の「先延ばし」により、夜ふかしをしてしまう話。今回よりも惰性的な状態ではあるが、どの道「寝る決断」ができない・しないことにより寝ないのは共通している。

裏を返せば寝ることには元から意思決定が必要である。寝落ちやうたた寝、居眠りじゃない限りは自発的な行動として「寝る」という行動が必要。

これについてはif-thenルール5秒ルールなどの瞬発力を生み出す意思決定スキルが使える。寝る時間を決めてそれまで夜ふかし、とするのは前提だが、それだけでは信頼性がアレなのは、恐らく身に染みてわかっているだろうし。


日中は数分でも無理という人は、少なくともリベンジ夜更かしという概念を認識し、時間制限を設けてください。

たとえば、ドラマを1本だけ見たら必ず寝るといった具合です。

そうすることで、自分時間が1日のスケジュールに組み込まれることになり、一件落着というわけです。

言ってることはif-thenルールに近く、内容には同意なんだが、「スケジュールに組み込まれる」点に警戒心が働いてしまう。

スケジュールに組み込んだ時点で、ストレッサーとなるパターンはある。
元から「予定があるとストレスを感じる」心理はある。

特に寝る前に憂さ晴らしが必要な人は、日中は生真面目で、スケジュールに「義務感」を感じるかも知れない。こうなったら寝ることの「社会的役割度」は増す。要は義務感。これだと逆効果になりかねないかもしれない。

寝る時間だから寝る、これが終わったら寝る、5秒数えて寝る、一種の自主性、自発性、せめても反射的・対応的である余地を残したほうが良いように思えるのだが。

でもスケジュールにしないとどうなるかわかったもんじゃないのも現実だしな。
こう、寝る時間の手前に「そろそろ寝る時間」を作って、それを過ぎたらif-thenや5秒ルールで寝る方向に切り替えるとかどうだろうか。せめてもゆるい感じに。



まぁ、時間が足りないのは事実だよな。

気になることがある場合、サイト内検索をしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました