充実感と達成感と満足感の違い

充実感と達成感と満足感の違い

  • タイミングが違う。
    • 充実感は主に「最中」
    • 達成感は「ゴール」
    • 満足感は快の感情が湧いたとき
  • 自発性の違い
    • 充実感は自発的、あるいは自己目的的
    • 達成感は指示されたものでも自力なら感じることはあり得る
    • 満足感は完全に受動的でもあり得る
  • 不快な感情の立ち位置が違う
    • 充実感の場合受容できる余地がある
    • 達成感の場合は乗り越える対象となる
    • 満足感の場合は不快要素があったら感じられない。「不満点」として残る。

充実感とは

  • 心が満たされている状態とされる。
  • 能動的に(自分から)何かやっている時に感じるもの。
  • やりがいや生きがいと同じ意味とされることが多い。
  • アイデンティティが影響を及ぼす。
    • 自分が物事を良くしていけるという希望(=自己効力感)や周囲の理解の有無などが影響を及ぼす。
  • 充実感の反対は「しらけ感」とされる。
  • 「報酬」の立ち位置にない。
    • 行動時に感じるものであり、「ご褒美」として感じるものではない。
    • 評価というよりは「実感」に近い。
    • 疲労や不快感が充実感に繋がることもある。
  • ポジティブ心理学のセリグマンは、幸福をいくつかに分類した。その中の一つに「意味」がある。
    • 充実感とは、自分がやっていることに意味や意義を感じるという幸福の一種と言える。
    • 「意味の幸福」はサイトによっては「生きている意味の幸福」とされている。

達成感とは

  • 何かを成し遂げた時に感じる喜びとされる。
  • 達成感を感じているときにはドーパミンが出ている。
  • 達成感は自尊感情に繋がるとされている。
  • 論文『達成感を味わうことのできる授業づくり』では、「わかった」「できた」という感覚も達成感とされている。
    • わかった、できたとなる前に、わからない、できないという不快感がある。これを乗り越えた達成感に価値があるとされている。
  • 自発性は問われていない。ただし「自力」であることは問われる。
  • ゲーミフィケーションはこの辺りの話になるか。

満足感とは

  • 満ち足りた/満ち足りているという感じ。
  • 完全に受動的でも感じることは出来る。
    • 極論、出されたメシがうまくて腹いっぱい食べたとかでも満足感となる。
    • シャーデンフロイデでも満足感は恐らく得られるだろう。
    • 自発的な必要がなく、自力である必要もない。
  • セリグマンが言う所の快楽の幸福に近い。
    • これは飽きる/慣れる余地がある上に遺伝子で感受性が決まっている。残念ながら日本人の殆どはそういう遺伝子ではない。

  • このアンケートでは、仕事に満足している理由は、
    1. 仕事の面白さ
    2. 人間関係
    3. 休日休暇の日数
  • 反対にワースト3が、
    1. 給与
    2. 成長環境がない
    3. 人間関係
  • ここから見るに、満足感は「快不快」のシグナルの一解釈でしかない印象を受ける。快なら満足、不快なら不満。
  • 加えて能動的ではなく、むしろ受動的な要素に偏っているように見える。

気になることがある場合、サイト内検索をしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました