未分類

理解力:要点をおさえる人、そもそも見つけられない人

投稿日:

理解力がある人=初めから大体わかってるから要点だけ覚える
理解力がない人=全部わからないから全部覚えようとする
というパターンについて。やってる事自体が違うのは否めない。

 

要点とはなにか

・要点を情報の「特徴」として捉えると早い。

似顔絵というものがあるが、まぁ喧嘩売ってんのかってほどに特徴を際立たせるだろう。出っ歯はでかいし、デブは歩くより転がしたほうが早いほどだし、ハゲは……特徴にならんか。まあでもテカリとか入れたり。

正直あの手の似顔絵は公開処刑というかモラハラ臭がするがまぁ置いといて、それを見て誰の似顔絵かは一発で分る。「特徴」をおさえているからだ。つまりそれを描くためには、対象の特徴を見出す必要がある。

デフォルメもそうだな。簡略化しているのはまず等身、次に特徴のない細部であり、「特徴」は引き継がれる。結果、8等身が2等身になったところで誰かはわかる。

結果、当人だと閲覧者に認識させることに成功するのなら、書き手は題材をよく理解していた、と言える。うまいのは確かだよね。好みかどうかは置いといて。

似顔絵で一番難易度が高いのは「特徴のない顔」だと聞いたことがあるな。

 

・これらは一見すると、特徴をおさえれば全体と遜色ない再現/応用ができるということになる。ただ、そのためには必要な準備がある。

 

要点をおさえるために必要なこと

・結論から言えば、基本ができてなきゃ無理だろう、と。

 

・「特徴」だけおさえれば済むというのは、裏を返せばベース部分は頭の中にあるってことだ。似顔絵の例では特徴だけあればいい感じになったが、ケツアゴやホクロだけ描いても誰かわからんだろ流石に。決め手に欠ける。

全体像として再現するためには特徴以外の部分もまた必要になる。

MODや追加パッチに似てるな。バニラ(本体)なくてMODだけあっても意味ないからな。

結局の所はベース+追加要素(特徴)=全体像であり、当人の頭の中には一式揃うことになる。

まぁ要領良すぎてベースできてないのに特徴おさえるだけでなんとかなってしまうこともあるが、それはもう天才かマグレか過学習かなんかなので、凡人たる我々は諦めたほうが建設的かと思われる。

 

・当然ベースを把握してない(=基本ができていない)のなら、特徴だけ覚えても意味がない…というよりも特徴だけ覚えること自体が難しくなるだろう。

これは全ての情報の重要度が均一で「高」となっている状態で、特徴を「見つけられない」。主観的には全部が「特徴」に見えてる感じ。あるいは全体的に見てしまい、「部分」として見れない。

丸暗記をしたがるタイプは「わからないから全部覚えよう」というよりは、「全部重要に見える」「一つに見える」と言ったほうが近いのではないだろうか。

 

・ここでいう情報の重要度は、自分が注目するべき/これから学ぼう覚えようという優先度のことであり、情報自体の価値じゃない。

例えば「完全に身に付けた重要な知識」は自分にとっては改めて学習する重要度は「低」になる。知ってるんだから当然だ。復習も大事だけどね。

ベース部分ができているなら、その分「学習ノルマ」を消せる。無意識的にそこにはあまり注目しなくなる。結果、際立って目に入るのは「特徴」だけとなり、特徴を見出す目を習得する。その物事に関しては。

例えば、玄関に見慣れない靴があったらすぐに気づくだろう。

 

・裏を返せば、「何が特徴となるか」は個人差がある。自分が知っているかどうか。新鮮味や珍しさ、違和感やアンバランスを感じるかどうか。同じカリキュラムに沿って勉強した者同士なら、見出す点も似たようなものになるが。

全体との対比も影響を与える。例えば日本語で書かれたこのページに英文があったらそれは特徴と言えるが、英語で書かれた同じ内容のページに同じ英文があったとしても特徴にはならず「一部」として埋もれる。

 

・別件として、基本ができているのに自分を信じられず、基本からまた抑えようとするタイプが居る。復習を繰り返し、新しいことを覚えようとしない。実力があるのに要領が悪い形になる。冒頭で述べた「やってることが違う」のが原因の人。

 

関連ページ

-未分類
-,