未分類

感情労働について

感情労働とは 感情の抑制、鈍麻、緊張、忍耐などが「絶対的に必要」である労働を意味する。 感情労働は頭脳労働に昔はカテゴライズされていたらしいが、今ではそれは通らないだろう。例えば介護士・看護師などは肉体労働兼頭脳労働兼感情労働と...
未分類

交流分析のラケット感情(偽物の感情)について

エリック・バーンの交流分析の概念。「ニセモノの感情」とされる。 本物の感情 交流分析において本物の感情は4つとされる。喜び、悲しみ、怒り、怯え。それぞれが「問題」に対しての対処のための意味を持つ。 喜びは解決す...
睡眠

寝る直前にする頭の中の爆発音や閃光:頭内爆発音症候群

・殆どの場合は、気にせず寝ていい。寝れるかどうかは置いといて。   頭内爆発音症候群 ・大きな爆発音が頭の中でする症状。パラソムニア=睡眠随伴症(睡眠の経過の中で起こる異常)。   頭内爆発音症候群は入眠時、あるいは睡眠中に突然バ...
完璧主義

プロクルステスの寝台と社会規定型完璧主義

→完璧主義関連のメインページへ プロクルステスの寝台 ・プロクルステスはギリシア神話の強盗。名前の意味は「伸ばす人」。名前でネタバレやめろよ。 強盗と言うよりはサイコキラー。 旅人に「休ませてやろう」と声をかけ、寝台つまりベッドに寝...
未分類

2つの「自信」 自己愛 自尊心

自信を自己肯定感として捉えると、自己愛と自尊心の2つがある。根本的に違うのは「何を基準とするか」。自己愛は自分以外のなにかを基準とする。自尊心は自分自身を基準とする。 自己愛 「他者との比較」を根拠にする自己肯定感。 ...
性格・人格・傾向・嗜好

2種類の自己愛 誇大型と過敏型

自己愛と言えば一般には性格が悪い、自分勝手な人間のようなイメージを持たれている。まぁ大体合ってるが、「別の自己愛」があり、こちらの方が日本人には多いとされている。 「健全な自己愛」の存在 まずはちょっと違う話を。オットー・カーンバーグに...
性格・人格・傾向・嗜好

アダルトチルドレンの原因は家庭だけの話だろうか

いつもどおりに「程度の問題」。 意外とACのタイプに強く当てはまり、それでいて家族仲はいいって人は(自己申告だが)いるわけで。 自覚がない傾向があるのは確かにそうだが、実際に家族が原因じゃない場合もあるのではないか。 ...
性格・人格・傾向・嗜好

アダルトチルドレンの6つのタイプ

→完璧主義関連のメインページへ ・アダルトチルドレンは現在は「機能不全家族で育った子供」というような意味で使われている。 この6つはタイプ、役割、性格などと言われるが、細分化すればもっとあるだろうし、一つに留まらないとも言われている。 ま...
うつ病

燃え尽き症候群/バーンアウトシンドローム

燃え尽き症候群の症状 ・生き方や仕事などに人並み以上に頑張っていた人が、突然「燃え尽きた」かのように意欲の低下、投げやりな態度となった状態。 やる気や集中力がなくなる、心身の疲労状態になる。 本人にしたって突然のことで、なぜできないの...
自分

全部自分のせい・自分が悪いと思ってしまう人

 本当は自分は悪くないのに、何かあると全部自分が悪いと思えて仕方がない人。対象は問わず、「悪いこと」は全部自分が原因だ、とするケースが多い。 全部自分が悪いと思う人  ヤフー知恵袋での相談ではこのようなものがあ...
未分類

男性脳と女性脳について

一般には男は解決/分析脳で、女は共感脳、と言われている。それは本当に男女差なのか、それとも。 男性脳:解決脳・分析脳・論理脳 ・他にも目的脳、システム脳なんて呼ばれることも。まぁ頭良さげな印象だ。知能とは関係ないが。 ・俗...
タイトルとURLをコピーしました