努力

努力は必ず報われるのか

投稿日:

努力のイメージ

・努力というのは、何かしらの目的や理想があって、そこに向かって進んでいるイメージが有る。理想を叶えるため。

目標を立て、プランを考えて、それをこなすような。長期的な視野であることが多い。

・一方で思いつきの努力というものもある。後ちょっと頑張ろうとか、これができるまで頑張ろうとか。

・最後に継続させる努力というものがある。日課や習慣にしたいものを続けている時だとか。

報われない努力

・的はずれな努力は報われないね。「目的があって、そこに向かって進む」というのが努力なのだとしたら、目的がない場合と進んでない場合の2つは報われないし、そもそも努力とは呼べない。

走るのが早くなりたい奴が腕立てしかしてなかったら馬鹿だろう。これはわかりやすいが、一見それっぽくて実は的外れだったりした場合はかなり厄介なことになる。

例えば「腕の振り方で走る効率は変わる」という話自体は現実に存在する。ではそれを極めようとして、腕の振り方だけ練習してたらどうだろうか。一見それっぽい。目的には合致している。でもまぁ、それしかしないよりは安直に走りまくってたほうがよほどいいのではないか。

手段が目的になるというのは、真面目な性格でもありえる話だ。「これができなければ次には進まない」と勝手に決めてしまったりだとか。報われないというほどではないにしろ、恐ろしく効率が悪いことである可能性もある。

・それ単品で考えれば、思いつきの突発的な努力が何らかの実を結ぶことは少ない。人間は残念ながら衰えたり鈍ったりする。継続性がないと形になるまで成長しない。

何よりも努力の目的が受動的であり、簡単に言えば「別にそれできるようにならなくてもいいだろ」ということに一生懸命になるのは、時としてリソースの無駄ではある。よくある「とにかく頑張ろう(脳死)」とかが時にこれに当たる。受動的な上にやりすぎ。

ただ、その様な精神的なスタンスは自信には繋がる。自分はやればできるし、成長もすると。ただし自信そのものがあまりよろしいものでもない気もするが。自信のなさは問題だが、無駄に過剰な自信があることに価値があるとも思えない。

・重要なこと。思うに一部の人は「我慢」とか「忍耐」とかを努力と混同しているのではないか。それらはやり過ごすために耐えるということであり、その効果はその場限定であることが多い。少なくとも努力とは違う。将来的に報われることがあったとしても、それは「選択」の結果であり、努力の賜物とは呼ばない。

同様に、苦難に耐え忍んだり何かしら辛い目にあったことに対しての「報い」を将来に期待する際に、「あれは努力だったのだ。だからそのうち報われるはずだ」と合理化しているケースも見受けられる。これらに限って言えば、「待っていても来ない」と気づかないと、時間を無駄にする。

努力は自分から成果をかっぱらいに行くようなものだ。待つのとは正反対だ。誰か何かからの「支払い」を期待するのなら、それは労働だな。

ここが厄介で、例えばいい仕事を得るために受験勉強を努力しました、としよう。で、合格しました、と。はいおめでとう。
この上でいい仕事にはありつけなかったとしよう。彼/彼女は思う。「あんなに頑張ったのに報われなかった」と。これは間違っている。

努力して得たのは学歴、さらに言えば入学の部分であり、いい仕事にありつける保証なんて元からない。努力の対価はすでに得ているのに気づいていない。加えて言えば自分のための自分の努力をしただけの話で、社会がそれに報いる義理もない。

ある意味で達成のシナリオが間違っていたとも言える。「いい仕事」に入るのが目標だった場合、他者の承認(採用)がゴールとなっている。他人には他人の価値観や都合があるし、タイミングの問題もある。元から「努力だけで届くゴールじゃない」ということになる。

努力は自己完結する。そこから先は他人の都合。だから他人の承認がゴールなら、努力だけ叶うものでは元からない。

企業研究を徹底して、どの様な人材が求められるか知り、それに対応すれば完全に「攻略」することも可能かもしれない。それを為すなら努力と呼べる。だがその場合、なおさらに「あの時勉強を頑張りました」だけじゃ全然足りてないということになる。

・これに加えて元から無理ってケースもあるけどね。形だけの求人をして実際には縁故採用しかしないとかあるし。「無理だからやらない」というのが正しいとも限らないが。

報われる努力

・暮らしや人生に対して「ほどほどでいい」というのは珍しくない意見だ。だが、そのために努力が不要かと言えば、そうでもない。

『赤の女王仮説』というものがある。「その場に留まるためには走り続けるしかない」というもので、これは生物間での食う側と食われる側の進化のいたちごっこを示している。片方が進化をやめれば、そちらは絶滅する。食いっぱぐれるか、食い尽くされるかで。

こういった「その場に留まるための努力」は、「現状での生存」と言う形で明確に報われてはいる。しかしこういった「維持」のための努力は、目的が現状にしがみつくことであり「達成」ではないため、報われた実感はほぼしない。なおかつ永続する割としんどいものだ。

・こうして考えると、努力は殆どの場合は結果を出している。それが努力と本当に呼べるものであり、なおかつ「努力が報われない」という場合、その殆どが「やってることが間違っている/足りない」と言う形に落ち着くように見える。

要するに、結果は出ているが、その結果が当人の思惑通りではない時。この時に人は「努力が報われない」と感じる。結果が「見えていない」ため、時に望んだ結果が出ることを待つかもしれない。これは時間の無駄になる。報酬はすでに受け取ったのだから。それから先は待っていても何もない。

だからもっと数撃った方がいいかもしれんな。馬鹿の方が成功することがあるのもここらへんだろう。一手が軽率だから。フットワークが軽い。そのうち大事故起こしたりもするけど。







-努力